「ずいぶん前に進めているので,更新継続お願いします」
毎週30分,3か月のコーチングで当初の目的を達成した方。新たな目的を見出したので,継続してコーチングをしてほしいと嬉しい言葉をいただきました。

退職後のシニアの方 男性

「やろう!という気持ちがわいてきました。前進感があります。

 セッションごとに,前回までの振り返り,次までの目標,行動などについて話をするなかで,意欲がとぎれずに目標達成まで前進し続けることができます。

プランナーの方 女性

「いつの間にか行動がかわっている!コーチングってすごい!

自分の言葉で口に出し続けているうちに,自然に行動に影響してきます。

 そのために,自分の夢を語ったり,そのために何をせねばならないのか展望を語ったり,そもそもその土台としてできていなければならないことを顧みたりしているうちに,行動できるようになるのです。

 言葉の力はすごいです。口に出すことで,脳がそれをそのまま受け取ります。

 コーチはその言葉を引き出していくのです。

士業の方 男性

「我ながら,いいアイデアが生まれたなあ」と思いました。

コーチは,答えはクライアントが自分で持っていると信じています。

 コーチは様々な質問によってそれを引き出します。

 アドバイスは「提案」という形でしかしません。あくまでクライアントが気づき,選ぶことが主体的な行動にとって大事だと考えているからです。

 コーチの質問により,クライアントは,自分の中に持っていて気づいていないアイデア,解決法を引き出します。

接客業の方 女性

「自分がなぜそれをしているのか,ということを大本まで立ち返って振り返らせてもらえるので,ブレずに進めます。

一人で目標達成しようとすると,どこかで道がそれてしまう,ということはよくあることです。

 それができる人は,上手にセルフコーチングを行っていると言えます。

 それは,「なぜ,それをしなければいけないのか」「それをすることで何がえられるのか」ということを常に自分に問い続けているということです。

 コーチは,セッションのたびに,クライアントに今取り組んでいることの意義や価値を振り返ってもらいます。

士業の方 女性

「自分がなぜそれをしているのか,ということを大本まで立ち返って振り返らせてもらえるので,ブレずに進めます。

一人で目標達成しようとすると,どこかで道がそれてしまう,ということはよくあることです。

 それができる人は,上手にセルフコーチングを行っていると言えます。

 それは,「なぜ,それをしなければいけないのか」「それをすることで何がえられるのか」ということを常に自分に問い続けているということです。

 コーチは,セッションのたびに,クライアントに今取り組んでいることの意義や価値を振り返ってもらいます。

士業の方 女性