自らを高めてくれる会話ができる友達を,ひとりふたりと自分の周りに増やしていく

自分を高めてくれる人との会話は楽しいですね。

その人が私によって高められていればもっと楽しいです。

できれば、職場など、身近なところにいてくれるともっと嬉しいですね。

 

昭和のころ,子供たちが帰った後の職員室にまだ少し余裕があったころ,よく数人の若手教師が集まって話し込んでいました。

5時くらいになにかのきっかけで話し始めて,気づいたら夜中の11時になっていた,なんていうこともよくありました。

きけばきくほど,自分の肥やしになっていっているようで,目を輝かせて聞いていたんじゃないかと思います。

 

もっといいのは家庭の中にそんな人がいることですね。

妻と夫がそのような会話ができる家庭はとてもいいと思います。

お互いがお互いの話を興味を持って嬉しく聞く。

話す方はさらに嬉しくなって話す。

自己実現がどんどん進む夫婦の関係。

いいですね。

 

では,どうしたら,そのような高め合う関係になるのでしょうか。

私がおこなっているただ一つの方法があります。

それは,「目を輝かせて,興味を持って,相手の話を聞くこと」です。

これにつきますね。

 

こちらが,「ふんふん!それで!」

「そうかあ!知らなかった」

「おお!おもしろい!」

そんな言葉をいれながら聞くだけ。

 

もちろん,わざとらしくしてはいけません

わざとらしく,という時点で,すでに心がこもってませんから。

本当に興味を持つんです。

 

そんなことできないよ,という人もいるかと思います。

簡単です。

「へえ!」という一言を言ってみてください

それだけで,自分の脳は,「ほう,この人の話をこいつはおもしろいと感じてるんだな」と思ってくれますよ。

スイッチがはいるんです。

また,相手も「へえ!」の一言で勇気づけられて,うれしく話してくれるでしょう。

 

「聞いてくれる人」と相手に思ってもらうということは,私の言うことをきく準備もできたということです。

そうしたら,私がその人が喜ぶ話をしましょう。

 

こういう繰り返しが,お互いを高めていく会話に育ててくれるのだと思います。

 

まずは,こちらから相手へ。

なんでもそうですよね。

 

コーチに話したいことを離したいだけ話してみませんか。