自分は今、どこにいるのかを明らかにしよう

昨日、コーチング研修に行きました。

課程を修了してからはじめての研修。

コーチングだけの話ではありませんが、何かを習ったら、何度も何度も繰り返して学ばないとスキルが向上するどころか剥がれてしまいます。

だから、年間を通して何度も再履修をします。

それが昨日の研修でした。

アンカリング

昨日学び直したのはアンカリングです。

アンカリングとは、船がアンカーを下ろして場所をはっきりと決めるように、「私が今どこにいるのか」と言うことをはっきりさせることです。

さらに言うと、

「前はどこにいたのか」(スタート地点)

「今後どこに行くのか」(ゴール)

を確かめ、このまま進んでいいのか、それともやり方やゴールを変えなければならないのかを確かめるんです。

これは、節目節目で行います。

1ヶ月目とか、参加固めの最後の回とか、年末、年度末、そなような時にそれまでの振り返りを行うんです。

私も、ロールプレイングで、何度もアンカリングを行っていただきました。

この研修には、国際コーチ連盟のプロコーチなども受けに来られます。

そのような方からコーチングを行っていただき、プロの技に触れることができました。

自分が今何をしたいのか、何をしたかったのか、そして、そのまま進んでいいのか。

そのようなことが明らかになりました。

ちょうど年末です。

今のクライアントさんにも、次回のコーチングではアンカリングを行うことを告げています。