コーチングとカウンセリングはどうちがうか

コーチングとカウンセリングの違いをよく聞かれます。

厳密に言えば、次のような違いがあります

コーチング

コーチングは、クライアントの問題解決や目標達成のために、いっしょに伴奏すること。

クライアントと相談しながら、解決や達成のための設計図をつくり、時間を変えて取り組んでいきます。

カウンセリング

カウンセリングは、クライアントの持つ様々な悩みを傾聴によりやわらげること

一般には、臨床心理士や公認心理などが行うカウンセリングをイメージしますが、「カウンセラー」でなければできないわけではありません。

 しかし、実際のセッションにおいては、コーチングもカウンセリングも、どちらの手法も合わせて行います。

 一般に、コーチングの初期の段階においては、その悩みや生活の環境などを明らかにするためにカウンセリングの要素が多くなります。

 しかし、数回を経て、クライアントが思いを吐き出して心を整理し、前に進む準備ができてからは、目標のゴールを決めたり、解決のための具体的な行動を考えたりするコーチングの要素が強くなっていきます。

 コーチは、コーチングもカウンセリングもどちらもできなければならないと言われています。